にゃ~の♪のゲームとかGAMEとかげーむとか徒然日記


by suzukaya2k6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 8 )

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとう!ですにゃ〜の
去年は、リアルが忙しくてゲーム(オフゲー含めて)を殆どやってない状況でした…。今年は、ゲームが出来る状況になれば良いのですがにゃ〜の…。

で、年末にFFXIの拡張ディスク-アルタナの神兵-インストールしたのですが、前の拡張ディスク-アトルガンの秘宝-がメインのPCにインストールしていない事が、発覚してしまいましたにゃ〜の…。で、インストール・ディスクが行方知れずとなっています…。orz
で、月次メンテの為コンテンツID買えなかったのでMHFに復活してました…。


[PR]
by suzukaya2k6 | 2008-01-02 00:24

Athlon64マシンのお掃除

Athlon64マシンの中を暑くなる前に掃除してみましたにゃ~
結果は下の様になりました。
f0032532_10574172.jpg

 主立ってやったことは、各ファンの埃を取ったのと、各電源ケーブルの整理と結束をやり直した位なのですが、見た目的にかなり奇麗になったと思いまが(作業前の写真はありませんorz)、ATAのフラット・ケーブルは、奇麗に纏まりませんね…。
 このケース、Pentium4の1.8GHz時代に買った物で、動的な廃熱はケース・ファンと電源ファン(この電源は冷却に殆ど影響しない構造です…orz)のみなので、Athlon64の消費電力(80W強)でも冷却性能に苦しいものが…。オマケにRadeon9800PROなんてグラフィック・ボード積んでいるので、ケース内はかなり暑くなっているはずなのですが…。まぁ、電源ケーブルを奇麗にまとめられたので、エアー・フローは確保出来てると思うのですが、いかんせん古いケースなのでフロント・ファンやパッシブ・ダクトがないので、吸気側のファンをケースに取付けれるように改造しようか思案中です。

More
[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-05-31 15:18

 PCを自作するメリットとメーカー製格安PCを買うのと、どちらがメリットがあるかといえばメーカー製格安PCの方が、価格と保障いう最大のメリットがあるので無条件でお勧めしますにゃ~!じゃあ、自作のメリットって何?と言われると目的に特化したPCが作れると言うこと。主要なパーツの交換が容易って事です。
 例えば、3Dゲームグラフィック最強マシーンとしてGF8800GTX2枚でSLi仕様のマシンや動画エンコード専用マシーンとしてCore2Quad QX6800搭載マシンとか、メーカー製は売っていない構成のマシンが作れるのがメリット。勿論、かなり高額なマシンになりますけど…。あと、MBとBIOSアップデートで対応できたら最新のCPUに交換できたり、クロック変更が出来たり(大体は高速動作の方に使われますが…)します。基本的に自作MBは、使われるCPUがユーザー毎に変わるので、リリース時に最高のCPU+αが動く様に設計されていると言うのが理由ですが…。
 変わって、メーカー製MBは使用するCPUを限定することによりMBの設計を最適化(コスト削減)しているので、使用できるCPUはその機種のバリエーション以外の物はほぼ使用できない(それ以外のCPU動作確認は、自己責任で実験してください)。BIOSのアップデートは、致命的なバグがある場合以外ありえないので、最新のCPUは搭載は出来ない物!と思うべしにゃ~!!


 あと、メリットと言うべきか判らないけど、Windowsのオリジナル・ディスク(これ結構重要)がある事。不要なアプリケーションや常駐ソフトがないので、ソフト間の相性問題が出にくい事。
 デメリットは、必要なソフトは個別に買って来ないといけないことでしょうか?アンチ・ウィルス・ソフトすら買って来ないと駄目ですから。


[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-05-21 16:44

 完全に忘れていましたが、マザーボードの形状に付いて説明していませんでした。しえる君からの指摘があったので緊急で上げておきますにゃ〜
 自作用マザーの殆どは、ATX規格となっています。他にITXやBTXという規格もありますが、殆ど普及していないというのが現状ですにゃ〜の。

【ATX】
 現状の自作基盤は、ほぼこの規格になっている筈です。
 この規格【AT】規格の後に出てきた規格なのですが、特長として【AT】規格では拡張スロットで提供していたシリアル・ポートやパラレル・ポート等が、マザー上に実装される様になっています。後、AC'97と呼ばれるコネクターのカラーコード化(KBは薄青、マウスは緑色、VGAは青色とコネクターの雄雌の色を合わせれば差し間違いが無くなる仕様)される様になったのも特徴の1つですにゃ〜の。
 で、基本的には【ATX】と【micro-ATX】の2種類の形状があります。【ATX】の方が標準の大きさで【micro-ATX】の方が小さくなっています。【ATX】は、PCIスロット6個(最大)とAGPスロット1個が搭載出来る大きさで、【micro-ATX】は、PCIスロット3個とAGPスロット1個が搭載出来る大きさになっていますにゃ〜。メーカー製は、省スペースの為【micro-ATX】かより小さな基盤(PCIスロット1個にライザーカード使用してPCIスロット2個にしている)を使っている場合が多いです。
 自作市場では、価格差がない上に選択肢がそれほど多くない【micro-ATX】は、主流にはなっていないですにゃ〜。ケースもmicro仕様は少ないですしにゃ〜の

【BTX】
 【ATX】の次の規格だから【BTX】らしいです。本当かどうかは、鈴鹿屋は知りませんにゃ〜…。で、この規格。P4時代に増え続ける発熱を効率よく冷却する為にIntelが提唱した規格です。
 この規格の目的は、ゾーンに分けることでより静粛で効率よく冷却するという事ですにゃ〜の!【ATX】規格の様に、発熱の増えた場所にファンを設置して局所冷却するのではなく、発熱する物を集めて、少ないファンで冷却出来る様に考えた規格ですにゃ〜の!
 【前面ファン】>【CPUヒートシンク】>【チップセット・ヒートシンク】>【メモリー・モジュール】>【背面ファン】と前後のファンをダクトで繋ぎ、空気の流れを遮らない様に各ヒートシンクを配置する事で冷却効率を上げようとしたにゃ〜の!
 【BTX】基盤と【BTX】ケースとセットが必要だった事と、発熱の高いP4シリーズが終焉した事で、Gateway等のコンパクト・デスクトップに採用された位で終了しそうな規格です…。

【ITX】
VIAが提案した企画なのですが、C3搭載したmini-ITX以外見かける事が無いので割愛しますにゃ〜の…。


[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-05-10 02:06

 で、実際のマザーボード選択なのですが、CPUを決めてしまえばチップセット(*1) の選択肢が決まるのでさほど難しくはないですにゃ〜の。


【Intel系CPU】
 Intel、nVidia、ATi(現AMD)、SiSのメーカー製チップセットがあるけど、現状ではIntel965系とnVidia590、690i位しか売り場に無い状況ですにゃ〜。基本的に安定性重視ならIntelチップセットでFAですが、SLi(*2) 組みたいならnVidia系チップセットしか選択肢は無いですにゃ〜。CrossFire(*3)は、ATi系チップセットのマザーor Intelチップセットでもメーカーによる独自実装で使用出来る物もありますが、その両方とも殆ど見かけないので事実上不可能にちかいですにゃ〜…。
 Intel系だとバリエーション豊富で【STD級】から【EX級】まで揃っているので、必要に応じたマザーが選択出来ますにゃ〜の。変わって、nVidiaですがSLi組める製品が多いせいか【HG級】以上のマザーが殆どで、CPUと合わせて購入すると6万円程の出費になる事を覚悟しておいて下さいにゃ〜の!


【AMD系CPU】
 AM2ソケットが現在の主流。近々ソケット変更がある、というか変更されたソケット搭載のマザーは発売されています(但し、主流ではない)。が、しばらくの間は大丈夫と思うのでAM2ソケットで話を進めるにゃ〜!
 AMD純正(ATi)と最近元気のないVIA、主流になりつつあるnVidiaの三社のチップセットがありますにゃ〜の。で最近の売場はnVidiaの590シリーズが多数派で、690aがちらほらと見かける状況ですが、AMDとATiの合併でnVidiaの立場が微妙な状態になっていて、今後の展開が読み難くなっていますにゃ〜の!まぁ、しばらくの間はバリエーションの豊富なnVidiaの天下と思います。
 他、Ahtlon64x2の6000+が3万円弱とCore2よりも安価なので、SLi仕様のマザーを購入してもそれほど高価な買物にならないのが特徴かにゃ〜の?CPUの構成が複雑なのを何とか理解出来る自信があるのなら良いかもにゃ〜


[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-05-07 03:17

 マザーボードを取り巻く状況の簡単な説明にゃ〜


現状のマザーは、スペック別に約4段階に分ける事が出来るにゃ〜の
【EX級】
 マザーボード・メーカの技術の粋を集めた製品。オーバークロック状態等、極限状態で安定動作する為に、高価なパーツをふんだんに使用。過剰な性能や機能を搭載していたり、オンボード機能てんこ盛り。単品購入がほぼ不可能な専用オプション付属。他拡張スロット用USBブラケット等付属。
 所謂メーカーのフラグシップ。少数生産の為、マニュアル等が日本語化されていない等の欠点もあるにゃ〜の。
 価格が、4万円オーバーの製品多いですにゃ〜(><)。
【HG級】
 【EX級】の普及版的製品。専用オプションの別売化、一部機能の簡略or省略化されたもの。やはり少数生産品の為、マニュアルが日本語化されていない事が多い。
 価格は3万円前半位。
【STD級】
 所謂、普及版。自作する人のほとんどが購入すると思われる製品。過不足ない性能で、将来的なパーツの買換え等にも対応力が高い製品が多い。そして、同じメーカーでも微妙なスペック違いが発売され、他メーカー製品との比較が楽しい価格帯ですにゃ〜。付属品も必要最低限+αがふぞくするにゃ〜の!
 価格は2万円前後ですにゃ〜
【EC級】
 エコノミー、低価格版。安価にする為に必要最低限の機能しか搭載していなかったり、一世代前の主要パーツを現状に対応出来る様に変更した物を使用したり、互換製品を使用したりする製品にゃ〜の。他、付属品が必要最低限しか付いていないにゃ〜の!
 この辺は、将来性が低い製品が多いのが特徴。最近、見かける事が少ないですにゃ〜…。
 価格は、1万円前半位ですにゃ〜


[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-05-04 00:38

 まずは、自作の基本となるCPU選びからですにゃ〜
 現状の選択肢はIntelのCore系とAMDのAthlon64X2系の2種類しかないので好みを選べばいいのですが、それぞれのメーカーのCPUに互換性はないので慎重に選ぶ事。では、それぞれの特徴を以下で説明しますにゃ〜の!


・Intel
 汎用性、安定性を求めるならIntel系のCPUを選ぶべきと思うにゃ〜の!何故なら、現状のPCの過半数以上がこのメーカーのCPUで占められているから…。といった理由なのですが、初心者にもCPUグレードの体系が判り易いというのが最大の理由にゃ〜の。
 P4の末期からプロセッサ・ナンバー制に移行していますにゃ〜。Core系はE6600と英字+4桁数字で表記されています。で、内容は英字で、デスクトップ(XとE)用、ノート(TとL)様CPUの区別がつきます(本当は発熱量を表す、詳しくは省略)。X>E≧T>Lと、大体の性能順になっています。
 千の桁は、プロセッサーの基本性能を表しています。デスクトップ用は、6000と4000。ノート用は7000と5000となってるにゃ〜。
 百の桁は、プロセッサーのクロック・スピードとなっています。
 十の桁は、内部キャッシュの容量差になっています。
 頭の英字が同じならば、数字が大きい方が高性能となりますにゃ〜の!例えば、最近発売されたE6420と前からあるE6400ならば前者の方が高性能になりますにゃ〜。EとTでは、比べる事は出来ないにゃ〜の。


・AMD
 AMD系は、初心者にはあまりお薦め出来ませんにゃ〜。AMDもプロセッサ・ナンバー制(こちらが先に導入)なのですが、CPUのトータル性能をP4の何GHz相当に変換するので、同じ番号の全く別物が発売される為、よほどの人でもないと訳が分からなくなってしまいますにゃ〜の…。最悪、マザーボードがCPUを認識出来ないという罠に嵌る可能性が非常に高いメーカーですにゃ〜
 近々、ソケット変更があるらしいので更にお薦め出来ません…。


[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-05-01 23:53

Kanon(DC版)を再びプレイ中

 KanonのDVD1巻を見たら、ゲームをやってみたくなったので再びプレイ中です。鈴鹿屋は、DC版しか持っていないのでDC復活(年末にPSOやりたくてセットしていた)させています。
 取合えず、真琴が出て来た所まで着ました。で、アニメは基本的にゲームの忠実再現(今の所)みたいですが、名雪の「イチゴジャムがあれば、ご飯3杯はいけるよ」発言や秋子さんの秘密のジャムが早々に登場とか微妙に違う所も…。
 2巻発売までに、誰かのルート攻略は終わらせたい所です。
[PR]
by suzukaya2k6 | 2007-01-08 13:58